細部までこだわる!?オシャレな腕時計

スポンサードリンク

腕時計というと、ブランドや文字盤のデザインにこだわる人が多いのではないでしょうか。しかし、腕時計の醍醐味はそれだけではありません。腕時計のバンドにはさまざまな種類がありますが、バンドにこだわってみると1本の腕時計でいろいろな楽しみ方ができるようになります。バンドだけを扱っている専門店なども登場しており、腕周りをオシャレに彩るならぜひバンドにも気を使ってみてください。今回は特に、バンドに着目してオシャレな腕時計について考えてみることにしましょう。

バンドが変えられる腕時計

腕時計にはいろいろな楽しみ方があります。こだわりの一品をオーダーメイドで作る人もいれば、お気に入りの腕時計ブランドをシーンに合わせて使い分ける人もいるでしょう。そうしたさまざまな楽しみ方があるなかで、腕時計バンドにこだわってみると楽しみ方がさらに広がります。腕時計のなかにはバンドを自分好みに交換することができる商品がたくさんあります。お気に入りの腕時計のバンドだけを交換して自分流にカスタマイズすることも可能です。腕時計を買うときは、バンドが交換できるタイプの商品を選んでみてください。そうすれば、バンドを交換するだけで気分やシーンに合わせた腕周りのオシャレを実現することができます。また、飽きてきた腕時計をもっと楽しみたいときや、バンドだけ壊れかけている腕時計を直したいときなど、新しい腕時計を購入する前に、今持っている腕時計のバンド交換をまずは検討してみてください。普段はあまり見る機会がないバンドかもしれないですが、こだわればもっと楽しく腕時計を身に着けることができるはずです。

Men Fashion, Blue jeans shirt and men watch. (Color Process)

金属製バンドと皮・布バンドの違い

腕時計のバンドにはいくつか種類がありますが、そのなかでも代表的なのが金属製のブレスレットバンドです。こうした金属製バンドは、「コマ」という金属板をひとつひとつつなぎ合わせてベルト状にしています。「コマ」の数によって装着感に大きな違いが生まれ、また見た目のうえでも重量感などが変わってきます。「コマ」の数が多いと装着感は柔らかくなり、また見た目もさっぱりとした印象になりますが、「コマ」数が多くなるとガッチリとした装着感になり、印象的にも重厚感あふれる様子になります。金属製バンドのほかにも、革製や布製なども腕時計バンドの主流のひとつです。革製バンドや布製バンドの魅力といえば、何といってもラインナップが豊富という点でしょう。革製だけで見ても、牛革やワニ革などのさまざま種類があります。また、金属製バンドの場合、小さな「コマ」をつなぎ合わせているという構造上、自分でバンドを交換するのが難しいですが、革製バンドや布製バンドは比較的簡単にバンド交換がすることが可能です。そうした点も、革製や布製の魅力ということができるでしょう。

時計バンドがオシャレな北欧時計

洗練されたデザインが特徴の北欧時計は、世界中で人気を集めているブランドがたくさんあります。文字盤やコンセプトが持つすばらしさだけでなく、北欧時計のなかにはベルトにもこだわったブランドが数多くそろっています。たとえば、どの商品でもバンドの交換が自在にできる仕様になっているダニエル・ウェリントンはその代表格です。ダニエル・ウェリントンは無駄な機能を徹底的に排したシンプルウォッチが有名ですが、バンドのデザインにも大きなこだわりを持っている腕時計ブランドです。NATOバンドと呼ばれる引きとおし方式のナイロンバンドを採用し、バンドそのものがダニエル・ウェリントンを大きく特徴づける目印にもなっています。NATOバンドの色の組み合わせでさまざまな楽しみ方をすることができます。また、品質の高い本革を使用した革製バンドとの交換も可能です。ほかにも、メッシュストラップというステンレス製のバンドなどもあり、さまざまなシーンに合わせながら1本の腕時計をカスタマイズすることができるようになっています。

精密な日本製でオシャレな腕時計とは

日本製の腕時計は特に機能が優れているブランドがそろっています。ただ、デザイン性も決してヨーロッパの腕時計ブランドに劣っていません。たとえば、G-SHOCKで有名なカシオの腕時計には、時計バンドのデザインにもこだわったラインナップがたくさん並んでいます。高級感あふれる大人のレザーバンドを使用した「スクエアケースレザーベルト腕時計」などは、まさに細部にまでこだわった逸品ということができるでしょう。程よい大きさのスクエアな文字盤のみならず、ワニ革を使用した高級感あふれるレザーバンドがとりわけ目を惹く腕時計です。すっきりしたレザーバンドが腕を細く見せるという効果を生み、8段階で調節が可能になっているバンドの機能性も見逃せない特徴です。リーズナブルで手を出しやすい値段も特筆すべき点で、フォーマルにもカジュアルにも合わせることができます。カシオ以外にも、オシャレなデザインの日本製ブランドは少なくありません。nejicommu(ネジコミュ)やknot(ノット)などといった新鋭ブランドも、性能とデザイン両面で優れたラインナップを揃える日本初の腕時計ブランドです。とりわけknotは、8000種類以上からバンドを選ぶことができ、カスタムオーダーでオリジナルの一品を作ることもできるブランドです。バンドにこだわった腕時計を身に着けるなら見逃せないブランドだということができるでしょう。

自分の使い方に合わせてバンドを変えよう

腕時計は大切なファッションアイテムのひとつです。そのため、その日の気分やシーンに合わせながら、さまざまに使い分けるというのが基本的な身に着け方だといえます。なかには、お気に入りの腕時計をどんなときでも身に着けていたいと考える人もいるでしょう。ただ、腕時計のデザインによっては、フォーマルな場にはふさわしくてもカジュアルなシーンには合わせられないということもあります。そんなとき、バンドを自在にカスタマイズできたら、腕時計はもっといろいろな楽しみ方ができるようになるはずです。お気に入りの腕時計をさまざまなシーンで身に着けることができれば、その腕時計に対する愛着もさらに深いものになるのではないでしょうか。専用の工具を使わなくても、自分で簡単にバンドを付け替えることができる商品もどんどん出てきています。楽しみながら腕時計を身に着けるなら、文字盤のデザインなどだけでなく、ぜひバンドの素材や種類にもこだわってみてください。

スポンサードリンク