手ごろなのにゴージャス!スワロフスキーの腕時計

スワロフスキーといえばキラキラと輝く美しいクリスタルが有名です。カラーも豊富ですし、携帯ケースなどのデコレーションやジュエリーを楽しんでいる人もいるでしょう。スワロフスキーは、さまざまなものに使われているので、名前を知らない人もアイテムを見れば分かる人は多いかもしれません。スワロフスキーの腕時計も出ています。今回は、まだ知らない人のために、繊細なスワロフスキーのクリスタルを使った上品な腕時計をご紹介いたします。

スワロフスキーはこうして生まれた


通常スワロフスキーと呼ばれているものはスワロフスキー社によって作り出されているクリスタル製品のことです。それは繊細なビーズであったり大ぶりなストーンであったりと、女性を美しく引き立てるためのジュエリーや室内の装飾品などにも利用されています。 スワロフスキー社は1895年に設立されました。創設者の名前はダニエル・スワロフスキーと言います。ダニエル・スワロフスキーはクリスタル・カットの第一人者です。高品質で上品な輝きを生むクリスタル・カットの技法は世界で注目を浴び、愛され、現代にいたっています。彼の名前がそのまま社名として使われているスワロフスキーの製品は、その斬新な発想とスタイルで世界の女性たちを魅了していきます。日本でもスワロフスキーを愛用する女性は多いですが、ダイヤのような輝きを持ちながら手ごろな価格であるというのが何よりの魅力でしょう。さまざまなアイテムを気軽に飾れるのはスワロフスキーの大きな特徴であり強みです。その美しさと信頼のおける技術は創業者であるスワロフスキー一族によって守られています。

スワロフスキーのブランドコンセプトは手ごろ感

ダニエル・スワロフスキーが抱いたのは「誰もが手軽に楽しめるダイヤモンド」という考えでした。この発想こそがスワロフスキー社に受け継がれているベースのコンセプトになっています。1981年にこの発想を掲げたダニエル・スワロフスキーは、クリスタルをいかに美しく繊細にカットできるかという点に着目します。そして、それを実現する電動機械の発明に乗り出し、成功させたのです。1920年代にはスワロフスキーのビーズやクリスタルを使用したドレスが世界で注目を浴びました。 スワロフスキーは常にトレンドの収集やデザイン、そしてブランディングといった作業を大切にしています。創設以来変わらぬ品質と人気を誇っている秘密はそのこだわりにあると言っていいでしょう。そして、世界中の女性を「手軽に楽しめるダイヤモンド」というコンセプトの元、美しく飾るための努力を惜しみません。 ダイヤモンドの輝きは何にも勝る強さがあり繊細です。スワロフスキーはそんなダイヤモンドの輝きを手軽に楽しむ方法を、クリスタル・カットの技法を高めることで実現しています。そしてすべての女性がもっと身近に取り入れられるジュエリーを贈り続けてくれているのです。

スワロフスキーの腕時計はこんな層に人気

クリスタル・カットの技法が素晴らしいスワロフスキーの腕時計は、クリスタルの輝きを引き立てていながらも、どこか上品な作品に仕上がったものばかりです。女性向けの腕時計が多いということもあって、ミセスを中心とした女性に愛用者が目立ちます。女性が自分で購入することも多いですが、男性の中にもスワロフスキーの腕時計を購入する人はたくさんいます。それは妻や恋人へのプレゼントが目的です。ジュエリー感覚で贈れるということでしょう。 スワロフスキーの腕時計はドレスアップしたい場所に相応しいドレスウォッチが主ですが、シンプルなファッションに合わせてデイリーにしても違和感がありません。通常、ドレスウォッチとしてつけられる腕時計は防水されていないものが多い傾向があります。しかし、スワロフスキーの腕時計はその多くが防水仕様になっています。そのため、デイリーに使えるという配慮がされ、30代以上の女性がスワロフスキーの腕時計を上手に楽しんでいます。誰もが身近に楽しめるジュエリーというコンセプトが生きているという証拠でしょう。 もちろん、若い層にも似合うラインがそろっているので、ジュエリー感覚で手軽に使って欲しい腕時計です。

スワロフスキーならではのキラキラで実用的な腕時計


スワロフスキーの腕時計は、1つのデザインに対して数種類のカラー展開をしているのが特長です。そのため、デザインは気に入っているのにカラーが合わないという心配を抑えてくれます。デザインは定期的に新しいシリーズを発表しており、スポーティなものからドレスウォッチまで常にトレンドを取り入れることを忘れていません。カラー展開の方向性はゴールド、シルバーといったものからブラック、ホワイトといったものが基本になっています。しかし、それ以外にもレッドやブルーといった美しい発色の腕時計をシリーズにいれることで、選ぶ人を楽しませてくれています。 長方形や円形の文字盤はどれもシンプルで時間を見やすいデザインに仕上げているのも魅力のひとつと言っていいでしょう。12時の位置にはスワロフスキーのマークであるスワンが配され、それがポイントになっています。文字盤の周囲やメタルバンドのアクセントとしてスワロフスキーのクリスタルが飾られていますが、とても上品に抑えているのが印象的です。レザーバンドの腕時計ならビジネスにも合います。 スワロフスキーのムーブメントはスイス製のクオーツを採用しています。男性用には自動巻を採用するなど、常に正確な時を長く楽しめる気配りが感じられる腕時計です。そしてその多くが生活防水仕様になっており、デイリーから大切な場所での装いとしても常に身につけていられるのが魅力ではないでしょうか。価格帯も5万~10万円前後のものがほとんどで購入しやすいラインがそろっています。

気軽にドレスアップできる腕時計

スワロフスキーの腕時計は、まさに普段着のジュエリーといったところでしょう。手ごろで購入したい価格帯に抑えていながらダイヤモンドのように輝いてくれる腕時計は、少しおしゃれをして出かけたい場所でも気後れしません。むしろ、注目されるのではないでしょうか。しかし、それでいて実用的です。スワロフスキーが好きな女性はもちろんですが、知らなかったという人もきっと喜ぶかもしれません。小ぶりなものから、ややゴージャスなものまで、好みに合わせやすいのもスワロフスキーのすてきな気配りを感じます。 スワロフスキーの腕時計は自分へのごほうびに、そして大切な人へのプレゼントに選びたくなる腕時計です。プロポーズのプレゼントとして、または大切な記念日のプレゼントとしても喜ばれるでしょう。