女性らしい腕時計の付け方で男性ウケを狙う

スポンサードリンク

女性の腕時計の付け方は、文字盤を手首の内側に向けるというスタイルから変化してきています。時計のデザインもバリエーション豊かになってきた現在、文字盤を手首の内側と外側、どちらにつけるのが男性からのウケが良いのでしょうか。また、デザインによって付け方を変えるべきかどうかも迷いどころです。そこで今回は、女性の腕時計の付け方と男性ウケについてご紹介します。

☆かつて多かった手首の内側派

一昔前まで、手首の内側に腕時計の文字盤を向ける女性が多数でした。その理由は諸説あります。例えば、手首の外側に文字盤を向けると、時計を見る際にわきが開き、和服の脇にある「身八つ口」から肌が見えてしまうことを防ぐため、脇を開かずに済む手首の内側に向けていたという説です。また、腕時計が日本に入ってきた当時の女性の社会的地位は低かったため、高級品であった腕時計を目立たせないように身につけていたという説もあります。その後、現代に入ってからは、肘を外側に張らずに時計を見ることができるため、他人に腕をぶつけないようにと親からしつけられたという経験をお持ちの方は少なくありません。
手首を返して時計を見る姿そのものは、上品な雰囲気があるため、女性らしいしぐさの一つと考える人は現在でも多数います。

5_2

☆ビッグフェイス時計の付け方は外側へ

平成に入った頃には、ユニセックスなデザインの腕時計が大流行しました。これにより、女性も手首の外側に文字盤を向けてつける人が増加したと考えられます。最近では、腕時計のデザインのバリエーションは、さらに多彩になってきました。特に、文字盤の大きなビッグフェイス時計を、手首の外側につけるのがトレンドになりつつあります。ビッグフェイス時計は、シンプルな洋服のコーデにアクセントを加えてくれるので、ファッションを格上げしてくれる効果があるのです。シンプルなデザインのものからビビッドな色遣いのものまでありますので、気分によってつけ変えられます。ビッグフェイス時計の魅力は何といっても文字盤です。大きな文字盤を手首の外側につけることにより、女性の腕の細さをより強調してくれる効果があります。女性の華奢なラインの強調は、男性にとっては非常に魅力的です。また、メンズライクなビッグフェイス時計は、大人っぽいクールな女性の雰囲気を、デザインによってはアクティブでスポーティーな印象も演出してくれます。したがって、ビッグフェイス時計をつけるときは、文字盤を外側に向けて着用するのがベターです。

5_3

☆腕時計によって内側・外側の付け方を使い分ける!

先に述べたように、ビッグフェイス時計は外側につけるのが正解です。では、華奢なデザインの腕時計も外側に向けて付ける方が良いのかといえば、そうではありません。現在でも、腕の内側に文字盤を向けた方が女性らしいという意見の方は多数います。それも、文字盤の小さめなデザインであれば、より女性らしいしぐさが際立つという意見です。
以上の分析を総合すると、華奢なデザインの腕時計をつけるときは、手首の内側につけるのが良さそうですね。繊細な腕時計をつけているだけで常に女性らしい印象を与えつつ、手首を返して時間を確認するしぐさが男性にとっては好印象に映るのです。

ビッグフェイス時計は文字盤を外側に向けます。デザインによって、シンプルなコーデを格上げしたり、甘さだけじゃない女性のクールさを強調したりすることができるからです。また、スポーツタイプのものであればアクティブで活発な印象を与えつつ、腕の細さを際立たせることで、女性らしいラインを強調させることもできます。

シーンやコーデに合わせた腕時計をいくつか持っておけば、どちらの好印象も獲得できるのです。これを機に、お気に入りの一本を探されてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク