結婚式に腕時計はマナー違反?TPOに合わせた腕時計を上手に選ぼう

結婚式は着るものから身につけるものまで、何かと気を付けなければいけないマナーの多い場です。女性ならばドレスの色やアクセサリーの選び方、男性ならばスーツやネクタイの色の選び方はある程度気を使って決めているでしょう。しかしその中でも「腕時計」に関するマナーが存在するのはご存じですか?特に男性は腕時計に関してはあまり深く考えず、普段愛用しているものを付けて行く人も多いのではないでしょうか。今回はそんなあまり知られていない結婚式での腕時計のマナーと選び方をご紹介します。

☆本来は、結婚式で腕時計はNG!?

結婚式のようなフォーマルな場では、実は腕時計を着用するのはマナー違反とされています。結婚式というのは、時間を忘れてこの特別な日をお祝いするということがマナーとされています。そこで腕時計を着用していると、時間を気にしている気持ちの表れになってしまい、極端に言うと「早く帰りたい」「退屈だ」という意思表示と誤解されてしまうのです。そのため、結婚式などの華やかな場やフォーマルな席では、腕時計を外していくのがマナーとされてきました。

しかし最近では、時間を見るだけのものではなく、腕時計もファッションの一部であるという考えが一般的になっています。そのため、近年ではマナー違反という風潮も薄れてきて、腕時計は絶対にNGというわけでもありません。腕時計を着けることを習慣化している人は、着けないと落ち着かないから出来れば着けて行きたい!という人もいますよね。大切なのはその場にふさわしい腕時計を選ぶことです。結婚式でも着けてOKな、TPOにあった腕時計のポイントを抑えておきましょう。

4_2

☆男性はフォーマルで清潔感のある腕時計がベスト

結婚式の主役は自分ではなく新郎新婦なので、自分が目立つ必要はありません。そのため、腕時計も派手な色やデザインのものは避けるようにしましょう。時々、スーツやネクタイを地味なものにし、腕時計で刺し色や個性を加えている人もいますが、こういったスタイルは結婚式では避けるようにしましょう。また、スポーツウォッチタイプの腕時計を愛用している男性も多いですが、カジュアルすぎる印象を与えてしまい結婚式のようなフォーマルな場にはあまり相応しくありません。

結婚式ではフォーマルさと清潔感を意識して、シルバーカラーのメタルバンドのものか黒系のレザーベルトの腕時計が好ましいです。また、文字盤に関しては白かシルバー系のシンプルなものを選び、色が入っている場合でも目立たないダークカラーのものにしましょう。

4_3

☆女性はブレスレットウォッチかシックな腕時計をチョイス

女性の場合には一見アクセサリーに見えるような、小ぶりのブレスレットウォッチなら手元を華やかに飾ってくれます。色味は男性程気を使う必要はありませんが、あくまで派手すぎずゴテゴテしていないものを選ぶことが大切です。また、ドレスにあわせた色味にすることで、腕時計ばかり目立つということも避けられます。ラグジュアリーなデザインでも、全体的にシックで落ち着いた雰囲気に見えるようまとめるのがポイントです。また、男性と同様に黒系のレザーベルトに白の文字盤という定番の腕時計でもOKです。ファッションとして大き目のメンズウォッチを愛用している女性もいますが、時計が目立ちすぎてしまうため、結婚式では小ぶりなレディースウォッチを選びましょう。

どちらの腕時計にしても、文字盤はなるべく手首の内側に向けておくよう心掛けるのがマナーです。時間を確認する際も、あからさまな動作にならないようお手洗いに立った時に確認するなどの配慮が大切です。

男女共に、会場の雰囲気や結婚式を主催している相手の立場を考慮した上で臨機応変に選ぶことが大切です。もしも格式の高い場や会社関係の目上の人の式に出席する場合は、念のため腕時計を外しておいて、様子を見るようにすると良いでしょう。気心の知れた友人の披露宴であれば、そこまで堅苦しく考えずにファッションとして着けていっても大丈夫かもしれません。いずれにせよ基本を抑えておき、臨機応変に対応しましょう。