30代ビジネスマン必見!大人力をUPさせる人気腕時計ブランド5選

スポンサードリンク

30代といえば、ビジネスシーンにおいて若手を名乗れなくなってくる年代です。徐々に責任ある仕事を任される機会は増えていき、自分のことだけではなく、後輩や部下の面倒を見ることも求められてきます。

そんな30代のビジネスマンが一皮むけて自分に自信を持つためには、スタイルを一変してみるのも一つの方法です。特に、おすすめなのは高級腕時計を身につけることです。気が引き締まり、時計に見合う社会人になろうという意識が働くからです。

比類なき高精度「タグ・ホイヤー」

タグ・ホイヤーは1860年にスイスで誕生したブランドです。タグ・ホイヤーの名前を知る人の中には、F1ファンも多いのではないでしょうか。タグ・ホイヤーは、F1とのコラボレーションで数々のアイテムを生み出してきました。歴史的レーサーである故アイルトン・セナもタグ・ホイヤーの愛好者の一人であり、メンズ腕時計らしいクールなビジュアルで世界的に支持されています。タグ・ホイヤーがビジネスシーンでおすすめなのは、価格がリーズナブルなことに加え、精密動作性が高く壊れにくい腕時計だからです。また、盤にも時間が見えやすいような工夫がなされており、「カレラ」シリーズをはじめ、実用性と高級感を両立させた腕時計が多く見られます。単なるオシャレではなく、ビジネスアイテムとしても日常的に用いることができるタグ・ホイヤーの腕時計は、まさにビジネスマン向けのアイテムだといえるでしょう。30代のステップアップの後押しとして、身につけたいところです。

著名人も数多く愛用している「オメガ」

高級腕時計の代名詞として度々名前が挙がるブランドが「オメガ」です。スイス発祥で豊穣な歴史を持つオメガは、イメージキャラクターにハリウッド俳優のジョージ・クルーニーを起用していることからも分かるように、世界中のセレブや企業家から愛用されているブランドです。その魅力はデザインのバリエーションの豊かさにあります。スピードマスターシリーズをはじめ、スポーティなデザインで実用性が高い腕時計は、メンズを中心に愛用されています。

一方で宝石を散りばめた高級感を押し出したデザインも取り扱っており、オメガファンにとって、さまざまなシーンによってアイテムを選ぶ楽しみが生まれています。オリンピックや宇宙開発にも利用されているオメガの時計は、技術的にも折り紙つきです。海外セレブと同じような贅沢な空気を味わいたいのなら、オメガの腕時計がおすすめです。高級ブランドにしては安価のモデルが多いことも、オメガを身につけるメリットの一つです。

落ち着いた大人の魅力を放つ「IWC」

ビジネスマンが利用したいメンズ腕時計のポイントとして、「落ち着いた魅力」が挙げられます。特に30代ともなれば若さではなく大人の安定感で勝負をしたい年代です。身につけるアイテムも、ストイックで人生経験がにじみ出るようなものにスイッチさせていってもいいでしょう。

そこでおすすめしたいのがインターナショナルウォッチカンパニー(IWC)の腕時計です。IWCはスイスの老舗ブランドとして、世界的知名度を誇っています。特にメンズ腕時計の生産には定評があり、ビジネスマンを中心に高い評価を獲得しています。代表作である「ポルトギーゼ」シリーズを見るとその理由が分かるでしょう。使いやすさとシックなデザインを前面に押し出し、できるビジネスマンのイメージにぴったりな腕時計となっています。20代には高級腕時計に興味のなかった人でも、IWCの腕時計を装着すれば30代の自覚がこみ上げてくることでしょう。向上心の強いビジネスマンにチェックしてほしいブランドです。

リッチ気分全開「ロレックス」

高級腕時計といえば、ロレックスの名前が世界中で浸透しています。そして、まさにその知名度こそがロレックスを身につける最大のメリットです。ロレックスの魅力と言えばシンプルで上品なデザイン、技術性、オイスターケースに代表される実用度の高さなどさまざまです。しかし、何よりも「有名なブランドであるからこそ身につける価値がある」といえるのではないでしょうか。名前で時計を選ぶことに眉をひそめる人もいるかもしれません。しかし、腕時計にはステータスの意味合いが非常に強く存在します。高級なアイテムを身につけている人ほど自分の実力を世間にアピールでき、また、そうしているうちに自分の心境も成功者と同じものに変わっていくのです。世界一の知名度があるロレックスは絶好のステータスです。とはいえ、ロレックスといっても全てが超高級品ではなく、エアキングのような廉価版も販売されています。ロレックスでリッチな人の気分を知ることによって、あなたの仕事の進め方も成長していくのではないでしょうか。

スイスの技術の結晶「ハミルトン」

1892年、アメリカで誕生した時計ブランド「ハミルトン」は、現在ではスイスを拠点として活動を続けています。アメリカのフロンティアスピリッツと、スイスの技術力が合わさったハミルトンの腕時計は、精密性が高く評価され、世界中にファンを増やしています。その技術力に目をつけたのはハリウッドです。大人気シリーズ『メン・イン・ブラック』をはじめとして、実に400以上のハリウッド映画でハミルトン製の腕時計が登場しています。これだけ知名度が高い腕時計なのに価格が比較的リーズナブルなのも人気に拍車をかけているのでしょう。また、ファッション性と持久性を両立させたいビジネスシーンの腕時計にも、ハミルトン製がおすすめです。定番の「カーキパイロット」をはじめ、ハミルトン製腕時計はデザインにくせがなく、どんなコーディネイトにも映えるメリットがあります。高級腕時計デビューを果たす30代のビジネスマンにもぴったりと似合うことでしょう。

まとめ

30代はオシャレにも仕事にも、非常に微妙な立ち位置だといえます。世間的には若者の部類でも、組織の中では若手と呼ばれなくなっていきます。心はまだ若々しいのに、20代と同じような態度で過ごしていたら「貫禄がない」と注意されてしまう年代なのです。30代は自分を変えるために動き出さなければいけない大変さがあります。高級腕時計はそんな30代ビジネスマンの心に寄り添ってくれるでしょう。「高級腕時計なんて自分に見合わない」と思う人でも、逆に時計に見合う人間になろうと努力すればいいのです。30代が人間的に大きくなるためにも、また、仕事に新たなモチベーションを生み出すためにも、WEBサイト「腕時計ラベル」ではさまざまな情報を掲載しています。

スポンサードリンク