個性豊かなディーゼルの腕時計!あなたは何に合わせる?

スポンサードリンク

イタリアのファッションブランドのひとつ、ディーゼル。デニムやバッグ、アクセサリー、靴など多様な商品展開をしており、腕時計もたくさんのラインナップがあります。イタリア国外への輸出を積極的に行っており、日本には1999年に直営ショップがオープンしました。ディーゼルの腕時計は直営ショップだけでなく、セレクトショップや腕時計専門店、あるいはインターネットショッピングサイトでも見ることができます。今回はそんなディーゼルの腕時計の魅力や歴史について、ご紹介します。

ディーゼルの始まりはいつ?

ディーゼルは1978年にレンツォ・ロッソとアドリアーノ・ゴールドシュミットによって立ち上げられました。当初は複数ブランドの取り扱いをするグループのうちのひとつで、ブランドとして独立したのはその7年後、1985年のことです。「DIESEL」という社名には「ディーゼル燃料のように世間を活気づけたい」という創業者の熱い思いが込められています。ちなみに、ディーゼル燃料はブランド創業当時新エネルギーとして注目を集めていました。そんなディーゼルのブランドコンセプトは「勇敢であること」。毎年、優秀なデザイナーたちによる革新的なデザインが生み出され、シーズンごとに何百というアイテムが登場します。特に中心となるのはデニムなどのカジュアルウェアで、日常のあらゆるシーンで使えるアイテムがそろっています。その先進的なデザインは世界からも注目を集めており、2000年にはニューヨークで「メイド・イン・イタリー賞」ファッション革新部門賞を獲得、2015年にはグッドデザイン賞を受賞、とこれまでにさまざまな賞を受賞しました。またイタリアの名門バイクメーカーやモビリティブランドとのコラボなど、常に新しいことに挑戦し続けています。

そのコンセプトは製品以外にも!

ブランドコンセプトにのっとり、常にユニークなアイディアで新たなスタイルを提案し続けているディーゼル。そのコンセプトの維持、そして実現に欠かせないのが世界中から集まる才能豊かなデザイナーたちです。本社が置かれているのはイタリア北東部のブレガンツェですが、ヨーロッパとアジア、そしてアメリカに20の子会社があり、世界中に約5,000人の従業員がいます。日本には大阪府中央区に拠点が置かれており、ディーゼル関連商品の輸入や販売を行っています。このように世界中に拠点を置き、多種多様なバックグラウンドを持つデザイナーやスタッフからアイディアを集めることでディーゼルは常に革新を続けているのです。その姿勢は製品以外の部分にも表れています。たとえば1991年に始まったディーゼルの広告キャンペーンは世界から注目を集め、各地の広告賞を受賞しています。インパクトのある見た目はもちろん、その独特なマーケティング手法も受賞の理由でした。ほかにも2000年代にはウェブ広告に関する賞をいくつか受賞しており、広告業界からも注目を集める存在になっているのです。

カジュアルな着こなしに欠かせないブランド

デニムを中心とした製品展開をしていることから、ディーゼルはカジュアルブランドとして認識されることが多いです。アイテムを見るとデニムのほかにスウェット地のシャツやパンツ、ニット製品、レザージャケットなどが多く展開されていますから、そういった認識があるのでしょう。時計についても同様で、値段も1万円台から展開されており、10代や20代の若者に人気です。特に文字盤が大きく、ハードなデザインが多いことから男性の支持を集めています。ハードさや個性的な色遣いの斬新なデザインが特徴に挙げられることが多いですが、シンプルでシックなものもあります。さまざまなデザインがあるので、日常のシーンに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。もちろん男性ものだけでなく、女性ものの時計も多数あります。ディーゼルらしい文字盤の大きい時計もありますが、女性らしさを強調するような華奢なデザインも展開されています。

シンプルながら洗練されたデザイン

ディーゼルの腕時計にはいろいろと個性が光るデザインがありますが、スーツに合わせるならレザーベルトの時計がおすすめです。たとえば商品名「DZ1206」は“Master Chief”モデルのひとつで、重厚感あふれるシックなデザインが特徴です。手元から落ち着いた雰囲気を演出してくれるでしょう。デザインだけでなく機能も充実しており、カレンダー機能や10気圧防水(100m)、短針・長針の蓄光機能もついています。
また同じくレザーベルトの“Mega Chief”モデルの「DZ4323」は遊び心の光るデザインが特徴です。このシリーズは戦闘機のコクピットに並ぶ計器類をイメージしたモデルで、頑丈そうな見た目の中にスマートさもあります。文字盤にはミラーガラスが使われており、見る角度によってカラーが変わるのも魅力です。「Master Chief」と同じく10気圧防水とカレンダー機能がついています。また、DIESELはポップなカジュアル時計も展開しています。「DZ1436」はベルトにウレタン、文字盤に樹脂を使っており、レザーベルトと比べると重厚感よりも爽やかな印象が強調されています。すべて真っ白で統一された色づかいが可愛らしく、カジュアルな着こなしにぴったりの時計です。

どんなシーンにも合わせやすいのが特徴!

ディーゼルはデニムやジャケット、アクセサリー類などあらゆるファッションアイテムを展開しているイタリアのカジュアルブランドです。「勇敢であること」をコンセプトとし、その実現のために個性豊かなデザイナーたちによって新たなデザインが次々に生み出されています。人気はイタリアだけに留まらず、各国に子会社や販売店があります。常に革新を続けているディーゼルは、腕時計でも新たなデザインに挑戦しています。レザーやメタルなど使われている素材はよくある腕時計と同じですが、落ち着いたデザインの中に赤や黄色といった明るい色を差し込んだり、文字盤を大きくしてハードさを強調したり、ディーゼルらしさを光らせています。特に文字盤の大きさはディーゼルならではで、男性らしいデザインに惹かれる人も多いのではないでしょうか。カジュアルブランドではありますが、中にはビジネスシーンでも使いやすいデザインもあります。かっちりスーツに合わせたり、休日のファッションにスパイスを効かせたり、ディーゼルの着こなしはあなた次第で広がります。

スポンサードリンク