ストリートブランドの腕時計!ニクソンの魅力とは

スポンサードリンク

時計は時間を確認するためのものですが、ファッションアイテムやインテリアとしても効果的なツールです。とりわけ、日常的に身に着けることが多い腕時計は、ファッション性の意味合いが強く、おのおのがこだわりを持って着用している場合がほとんどでしょう。加えて、腕時計はブランドイメージも重要で、どのブランドの腕時計を着けているかによって、他人に与える印象も変化します。そこで、人気の腕時計ブランドであるニクソンに注目し、ブランドのコンセプトや特徴、その魅力について詳しく解説していきます。

ニクソンはライフスタイルを生み出すブランド

ニクソンは1997年、アメリカ西海岸サンディエゴにあるエンシニータスという街で、サーフィンやスケートボード、スノーボードといったストリートファッションと親和性の高い腕時計の実現を目指して設立されました。創業当初は腕時計の販売がメインでしたが、今ではアクセサリーやアパレル、バッグ、ヘッドフォンなど、多彩なアイテムを取り扱っています。その幅広いデザイン性は、ストリートシーンからビジネスシーンまで、さまざまな場面のコーディネートに取り入れることが可能です。アメリカ国内だけでなく、国外からも高い人気を誇り、世界80カ国以上で商品展開されています。
創業者であるAndy LattsとChad Dinennaは、ニクソンのことを「ライフスタイルウォッチ」を生み出すためのブランドと定義しています。そこには「常に自分のスタイルを貫く生き方」という意味合いが込められているといわれています。

ストリートファッションをリードするニクソン

ニクソンの腕時計は、シンプルでありながら個性的なデザインが特徴です。そして、比較的手頃な値段で購入できることから、ストリートファッションをリードするカジュアルブランドとして親しまれています。メンズ用やレディース用、さらにユニセックスなイメージを持つものまでラインナップがとても幅広く、性別や年齢を問わず多くの方が愛用できるブランドになっています。カラーバリエーションも豊富なので、服や靴とバランスを合わせたり、その日の気分で色を選んだりといった楽しみ方もできます。オシャレなアクセサリー感覚で身に着け、コーディネートにアクセントを加えるような使い方も可能です。ちなみにニクソンのロゴマークは、砂時計と炎と羽根をモチーフにしているといわれています。砂時計は時計そのものを表し、炎には「永遠に燃え続ける炎」、羽根には「羽根が生えたように過ぎ去る時間」といった意味が込められています。
そんなニクソンのブランドコンセプトは3つの「S」で、これは「SKATE(スケート)」「SURF(サーフ)」「SNOW(スノー)」の頭文字から取られています。そのため、オシャレなデザインのカジュアルウォッチでありながら、スポーツシーンにも耐えられる強度や体の動きを邪魔しないフィット感、水中や雪中でも使用できる防水性などを考慮した設計がなされています。さらに、ニクソンのブランドコンセプトには「ニクソンの生み出す腕時計は、ニクソンのためだけのニクソン仕様」という考え方もあります。このコンセプトにのっとり、ニクソンの腕時計はすべてカスタムメイド品となっています。ニクソンの腕時計のラインナップがほかのメーカーやブランドより多彩なのは、顧客のスタイルに合わせて製作されているからでしょう。

ニクソンの腕時計の評判や人気の年齢層について

ニクソンはそのシンプルで飽きのこないデザインと、スポーツシーンでも利用できる高い耐久性から、長く使い続けられる腕時計として人気を集めています。特にニクソンの51-30シリーズやタイムテラーシリーズは人気が高く、通販サイトでも上位にランキングされています。また、海外の有名ブランドながら1万円以下の低価格機種から10万円の大台を超える高級機種までラインナップが豊富なこともニクソンの特徴です。リーズナブルな価格帯の機種は20代の若者を中心に愛用されている傾向が見られます。文字盤が大きく落ち着いたデザインを採用したシリーズは、30代以上のアダルトに人気が集中しています。幅広い年齢層が多様なシーンで着用できるニクソンは、一本持っているといろいろな場面で重宝し、プレゼント用にも最適でしょう。

ニクソンの腕時計の注目商品3選

#51-30 Chrono マットブラック/ゴールド
「51-30 Chrono マットブラック/ゴールド」は、洗練されたデザインと優れた機能性が両立したダイバーウォッチです。重厚感が漂うブラックの文字盤と高級感が光るゴールドのインデックスが、シンプルながらインパクトのあるフォルムを形成しています。経過時間測定やストップウォッチ、日付カレンダーといった機能も充実した一品です。男性を対象としたモデルで、ベルトカラーはブラック、ベルト素材とケース素材はステンレススチールとなっています。ケース直径51mm、ケース厚み14mm、腕周り最大21cm、重量276g。ムーブメントはクォーツで、300m/30気圧防水という特徴を持ちます。
#Time Teller Acetate べっ甲
「Time Teller Acetate べっ甲」は、琥珀やべっ甲飴を思わせるトートイズ(べっ甲)のカラーリングが魅力のトイウォッチです。シンプルなバーインデックスとブラックで統一された文字盤や秒針が、トートイズの色彩を際立たせているのが特徴です。ゴージャスな印象と上品な雰囲気を醸し出す腕時計で、大人の女性によく似合います。さらに、トイウォッチとしての遊び心やダイナミックなデザインが、身に着けるシーンや服装によって、違った表情を見せてくれるでしょう。10気圧防水を取り入れているので、水辺でのレジャーでも安心して使用することが可能です。販売対象は女性で、ベルトカラーはトートイズ、ベルト素材とケース素材はともにアセテート、ケース直径37mm、ケース厚み7mm、腕周り最大17.5cm、重量60gとなっています。ムーブメントはクォーツで、100m/10気圧の防水機能を備えています。
#Porter 35 Leather ネイビー
バランスのよいデザインの「Porter 35 Leather ネイビー」は、カジュアルシーンはもちろん、ビジネスシーンやフォーマルシーンにも対応可能な腕時計です。モダンな雰囲気を持つピンクのバーインデックスと、白い文字盤とのコンビネーションが、周囲にスマートな印象を与えます。そして、ネイビーのクラシカルなレザーベルトによって、品のよい仕上がりとなっています。男性を対象としたモデルで、ベルトカラーはネイビー、ベルト素材はレザー、ケース素材はステンレススチール、ケース直径35mm、ケース厚み8mm、腕周り最大18.5cm、重量35gとなっています。ムーブメントはクォーツで、ケース部分のみ50m/5気圧防水を備えます。

高いファッション性と耐久性をあわせ持つニクソンの腕時計

ニクソンの腕時計は、アメリカ西海岸の優れたファッション性と、コンセプトである3つの「S」に象徴されるスポーティな耐久性をあわせ持っているのが特徴です。そのため、カジュアルシーンやフォーマルシーン、スポーツシーンなど、さまざまな場面で着用できる使い勝手のよさが魅力だといえるでしょう。純粋にオシャレなアイテムとしての評価も高く、有名ブランドながら比較的リーズナブルな値段で販売されている点も大きなメリットです。ただし、ニクソンはラインナップが豊富なので、どのモデルやシリーズを選べばよいのか悩んでしまうという方もいるでしょう。そういう場合は、紹介した3種類のモデルのなかから好みの商品を選んでみてはいかがでしょうか。もちろん、ニクソンのラインナップのすべてに目を通し、自分にぴったりのものを探すというのも一つの楽しみ方です。オシャレで使い勝手がよく、手頃な価格の腕時計が欲しいという方は、一度ニクソンの商品ラインナップをチェックしてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク