新入社員必見!失敗しないためのビジネスマン向け腕時計講座

スポンサードリンク

ビジネスマンが仕事をする上では、仕事の能力を磨くことだけではなく、良好な人間関係の構築も大切です。そのため、身だしなみやファッションも気をつける必要があります。
髪型や爪、身に着けるスーツや靴などとともに腕時計も重要なアイテムですが、気をつけなければならない点がいくつかあります。特に、新入社員の人はしっかり理解しておく必要があるでしょう。そこで、失敗しないためのビジネスマンの腕時計選びで大切なポイントをご紹介します。

時計ではなくあなたが主役!

ビジネスマンの腕時計選びで大切なポイントの1つ目は、時計ではなく自分が主役だという点です。自分よりも腕時計の方が目立ってしまうようでは、ビジネスマンとしての時計選びは失敗といえるでしょう。ビジネスの世界では信用が大切です。取引をする場合には、取引条件だけでなく、この会社は信用できるか、この取引相手は信用できるのかといった点が最終的には大きな判断要素となります。信用できるかどうかを見られているビジネスマンが、自分よりも目立つ腕時計をしているようでは人間性を見透かされてしまうおそれがあります。自分よりも目立つ腕時計をしていると、虚勢をはるタイプの人間だと見られてしまう可能性があるのです。自分ではおしゃれのつもりで立派な腕時計を選んだとしても、結果的に自分の価値を下げてしまうことになりかねないので注意が必要です。仕事でつける腕時計は、ファッション性は二の次、身だしなみの一環としてのアイテムだと割り切って考えることをおすすめします。新入社員として腕時計を選ぶ場合は、身の丈にあった腕時計を選ぶことに注意する必要があるでしょう。

上司より高価な腕時計はNG

ビジネスマンの腕時計選びで大切なポイントの2つ目は、上司より高価な腕時計を選ばないほうがよいという点です。なぜそのような腕時計を選ばない方がよいのかは、2つの切り口から考えることができます。1つは、取引先や交渉相手が受ける印象の面です。部下が上司よりも高価な腕時計をしているのは、まるで戦国時代の大将が身に着けている兜や甲冑の方がみすぼらしく、横に控えている足軽などが身に着けている鎧兜の方が立派である状態と同じだといえるでしょう。取引先や交渉相手からみて、上司がなめられてしまう可能性がありますので避けるべきです。もう1つは、上司の気持ちの面です。自分よりもビジネスキャリアが短い新入社員などが高価な腕時計をしていると、嫉妬する場合もあるでしょうし、「そんなところにお金を使うのではなく、もっと仕事に役立つ自己研鑽にお金を使うのが先だろう」といった感情を抱かれる可能性もあります。取引先や交渉相手などが受ける印象や上司の印象を考えると、あまり高価な腕時計を仕事中にするのはマイナスになるおそれがあるので注意が必要です。

カラーは靴やベルトと合わせる

ビジネスマンの腕時計選びで大切なポイントの3つ目は、腕時計の色です。さまざまな色の腕時計があるので、時計選びにあたっては色の選択に迷うという人もいるはずです。色を選ぶ場合のポイントは、靴やベルトと合わせることです。単に自分の色の好みだけを優先して選んでしまうと、スーツを着たときに腕時計が浮いてしまうおそれがありますので注意しましょう。腕時計の色の印象を大きく左右するのは、やはり文字盤の色です。黒の文字盤の腕時計を選ぶと比較的どんなスーツにも合うといわれています。ベルトや靴も黒で統一することで落ち着いた印象を演出できるはずです。その他にも白や青、茶色そして金色などの文字盤の色の腕時計がありますが、スーツやベルト、靴のどの色とも合わないものを身に着けてしまうと腕時計だけが目立ってしまい、ビジネスにおいては上司や同僚、取引先などに対してよい印象を与えることができないでしょう。また、文字盤の色だけでなく腕時計のバンド部分の色によっても印象は変わります。銀色などの一般的なものにすれば、コーディネートしやすいはずです。

一番大事なのは似合っているかどうか

ビジネスマンの腕時計選びで大切なポイントの4つ目は、自分に合った腕時計を選ぶことです。「目立たないように」「高価すぎるものにならないように」といったことに気を付けることは大切ですが、そのような注意点を気にするあまり、まったく自分には似合わず、欲しいとも思えないような腕時計を買ってしまう事態は避けたいところです。ビジネスマンにとって腕時計は身だしなみの一部ではありますが、ファッション性をゼロにしなければならないというわけではありません。もちろんビジネスマナーの範囲内で腕時計を選ぶ必要はありますが、その選択肢の中で自分に似合っているものであるかどうかという観点で選ぶことを忘れてはいけないでしょう。腕時計は毎日のように身に着けるものですから、自分が気に入らないような似合わない腕時計は選ばないことです。目立たないと思って購入した腕時計が自分にまったく似合っていなければかえって目立ってしまうということもありえます。似合っている時計をしていると、全体として自然な印象を与えることができ、上司や取引相手などにマイナスの印象をもたれる心配は減るはずです。

まとめ

新入社員が腕時計選びをする場合は、4つのポイントを理解して腕時計を選ぶとよいでしょう。
ビジネスマンの腕時計選びで大切な1つ目のポイントは、主役は腕時計ではなく自分であることを忘れずに選ぶことです。腕時計ばかりが目立ってしまうと虚勢をはっていると誤解されるおそれもあります。2つ目は、上司よりも高価な腕時計を選ばないことです。取引先などの印象と上司の気持ちを考えれば、高価な腕時計は避けた方がよいことは理解できるはずです。3つ目は、靴やベルトの色に合わせて腕時計の色を選ぶことです。腕時計単体で見てよい色であっても、スーツを着るとその腕時計が浮いて見えてしまうことがあります。靴やベルトに合わせて色を選ぶのがコツです。4つ目は、自分に似合った腕時計を選ぶことです。ここまでの4つの条件に当てはまっている腕時計であっても、その人に似合わない腕時計をつけていると良い印象を持ってもらうことは難しいでしょう。自分に似合った腕時計を選ぶという点が、一番大事なポイントだといえるかもしれません。

スポンサードリンク