面接時に見られている!就活に最適な腕時計について

スポンサードリンク

就職活動をしている学生の中には、リクルートスーツは着るとしても、普段腕時計をまったくしないので就活でもしないでおこうと考えている人もいるでしょう。時刻を知りたい場合は、スマホを見ることで確認できますし、GPS時計ですから正確です。アラーム機能もありますから、腕時計の必要性など感じないのでしょう。しかし、就職活動をする場合、腕時計は必需品といっても過言ではありません。そこで、就職活動中や面接において腕時計が必要になる理由と、どんなタイプの時計を選ぶのがいいかについてご紹介します。

☆就職活動で腕時計が必要な理由は?

普段は腕時計をしない学生でも、就職活動をしている時は腕時計をすることをおすすめします。理由は二つあります。一つ目の理由は、スマホが使えない場面でも、時間を知りたいケースがあるからです。もう一つは、腕時計をすることをビジネスマナーの一環として面接官が見ているのが理由です。

一つ目の理由については、筆記試験や面接直前、面接中などをイメージしてみるといいでしょう。面接室の中や筆記試験会場の中はもちろん、面接待ちの控え室内でも、スマホなどの電子機器は電源を切っておく方がいいでしょう。バイブレーターが鳴る状態にしてあったとしても問題がありますし、電源を切ることを求められるケースもあるはずです。

また、仮にスマホを見ても問題ないタイミングだったとしても、バッテリー切れになってしまえば見ることができません。大事な面接会場に行く途中などに時間を確認できない状態になるのは困るはずです。そう考えると、就活時に腕時計をするのは必須と考えるのが自然でしょう。

1_2

☆面接官はどんな時計かも見ている

就職活動中に腕時計をした方がいい理由の二つ目は、腕時計をすることがビジネスマナーにあたるからです。一つ目の理由で指摘したように、就職活動中に限れば、試験中にスマホで時間が確認できないなど限られたケースでの弊害しかないといえます。しかし、実際に会社員になってビジネスの様々な場面に遭遇すると、スマホを取り出さずにさっと腕時計を見るだけで時間がわかるのは大いに役に立つのです。

そのため、面接に来た人が腕時計をしていないと、面接官は、「ビジネスパーソンとして仕事をする準備ができていない」と判断する可能性があります。たかが腕時計、されど腕時計です。そんなことで面接に落ちたら悔やんでも悔やみきれないでしょう。

そうならないためにも、リクルート活動を始める前に腕時計を購入し、できればしばらく使って慣れておくことをおすすめします。常に腕時計をつけるクセを付けておけば、大事な面接の日につけ忘れるリスクを下げられます。

1_3

☆就職活動にふさわしい腕時計とは?

就職活動前に腕時計を購入する場合には、どんなものを買ったらいいでしょう?まず気を付けておきたいのは、学生生活にも使えることをイメージしてカジュアルなものを選んだり、自分の好みに合わせた個性的すぎるものや派手すぎるものを購入してしまったりすることです。そのような腕時計をして面接に臨むと、かえって腕時計が面接の足を引っ張る可能性があります。

あくまでビジネスシーンに合った時計を選ぶべきです。時計店に行って店員と対面で購入する場合は、リクルート用であることを告げて、おすすめを紹介してもらったり、アドバイスをもらいながらどれにするかを決めたりするといいでしょう。

また、自分だけで決断して買いたいという人は、リクルートスーツに合っているものという基準で選ぶと失敗しないで済むでしょう。文字盤やフレームに石が入っていてキラキラするものや、原色のベルトなどは避けておくのが無難です。黒やシルバーをベースにしたシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

スポンサードリンク